【初心者向け】コインチェック口座開設の手順を注意点を交えてわかりやすく徹底解説

  • 仮想通貨を始めたいけど、コインチェックで大丈夫なのかな?
  • コインチェックの口座開設したいけど自分でもできるのかな?
  • コインチェックの口座開設をスムーズにしたい

このような悩みを解決します。

仮想通貨を始めるのに、仮想通貨取引所の開設は必要不可欠です。

しかし仮想通貨取引所はコインチェックの他に、GMOコインやbitflyerなど数多くあり、どれを使えば良いか迷いますよね。

今回はコインチェックをおすすめする理由から、口座開設方法を詳しく解説していきます。

コインチェックの口座開設って難しそう…

私も最初ちゃんと解説できるのか不安でしたが、実際には簡単に登録することができました。

初心者も迷わず口座開設を進められるように、画像付きで説明していきますので、安心して進めていきましょう。

「コインチェックの口座開設」をすぐ見たい人はこちら→

目次

初心者にコインチェックがおすすめな理由

以下の5つの理由から、コインチェックは初心者におすすめです。

  • アプリがシンプルで見やすい
  • 仮想通貨の取引手数料が無料
  • 仮想通貨が簡単に購入できる
  • 送金手順が簡易的でやりやすい
  • 金融庁から認可を得ている

それぞれ詳しく解説していきます。

アプリがシンプルで見やすい

仮想通貨に限らず、投資のチャート画面って細かくて、初心者の内は非常に見づらいですよね。

しかしコインチェックのアプリは、チャートも取引画面もシンプルで見やすいです。

コインチェックのアプリでは、主に4つの項目で、大抵の価格の値動きから取引まで完結することができます。

仮想通貨の取引手数料が無料

コインチェック公式サイト」にある通り、仮想通貨の取引手数料が無料です。

例えばコインチェックで、ビットコインを購入したとします。

1回でも10回でも、コインチェックであれば、ビットコインを購入する際の手数料はかかりません。

初心者のうちは何度も細かく購入をしたりするので、取引手数料がかからないのは助かりますね。

仮想通貨が簡単に購入できる

仮想通貨取引所によっては、仮想通貨の購入が複雑で初心者には難しいことがあります。

しかしコインチェックであれば、以下の3ステップの手順で簡単に仮想通貨を購入することができます。

これなら仮想通貨を購入する画面を探す時間をかけずに、簡単に始めることができますね。

送金手順が簡易的でやりやすい

コインチェックでは、仮想通貨を他の仮想通貨取引所に送金する際にも、簡単に手続きすることができます。

送金方法も購入と同様、3つのステップで完結することができます。

金融庁から認可を受けている

暗号資産交換業者登録一覧-金融庁」にもあるように、コインチェックは金融庁から認可を得ています。

金融庁に登録された取引所で取り扱われる仮想通貨は、一定の審査を得ています。

そのため、コインチェックで取り扱われる仮想通貨は、認可を受けていない他の取引所よりも安全であると言えます。

仮想通貨を運用していくなら、できる限り安全に運用していきたいですね。

コインチェックの登録手順

ここでは、コインチェックの登録手順を紹介していきます。

  • コインチェックの登録に必要なもの
  • 公式サイトから「会員登録」を選択
  • メールアドレスを登録する
  • アプリの起動
  • 各種重要事項の同意
  • 本人確認を行う
  • 2段階認証を設定する
  • 本人確認完了のメールを待つ

それぞれ詳しく解説していきます。

コインチェックの登録に必要なもの

コインチェックの登録に必要なものは以下の通りです。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

事前に手元に用意しておくと、スムーズな口座開設ができます。

公式サイトから「会員登録」を選択

早速「コインチェックの公式サイト」から会員登録していきます。

まず公式ページの「会員登録」を選択します。

メールアドレスを登録する

次にメールアドレスの登録を行います。

以下の手順に沿って登録を進めてください。

メールアドレスとパスワードを入力して、「会員登録」を選択します。

その後、コインチェックからのメールが届いていたら、手続き完了です。

メールが届かない場合は、受信設定か入力したメールアドレスが正しいか確認しましょう。

アプリの起動

次に各種重要事項の承諾を行います。

先ほどのメールに添付されているURLを選択して、登録ページに進みます。

メールアドレス・パスワードを入力して、「Sign in」を選択します。

各種重要事項の同意

各種重要事項を確認し、「同意する」を選択します。

少し読むのが大変ですが、大事なことなので、極力確認するようにしましょう!

本人確認を行う

次に「本人確認」を行います。

スムーズにいけば、10分ほどで完了します。

アプリトップ画面の「本人確認」ページを選択します。

その後は以下の手順に沿って、本人確認をしていきましょう。

①電話番号入力

電話番号を入力。(SMSを利用して認証のため、固定電話番号以外の利用は不可)

その後SMSに送信された6桁の番号を入力。

②基本情報・勤務情報入力

「名前・性別・生年月日・住所・職業・取組目的」を入力。

③本人確認書類

本人確認書類と自分の顔が一緒に映っている写真をアップロードする。

「運転免許証・パスポート・個人番号カード・住民台帳カード・運転経歴証明書」

ここまできたら、あと一歩です!

2段階認証を設定する

次に2段階認証のやり方を、解説していきます。

まずはコインチェックアプリを開いて、以下の流れで設定をしていきます。

  1. 「アカウント」を選択
  2. 設定を選択
  3. 「2段階認証設定」を選択
  4. セットアップキーをコピー
  5. 認証アプリを起動する

2段階認証は「Authenticator」が使いやすいです。

次に「Authenticator」での設定方法を解説していきます。

以下の手順で進めてください。

  1. 起動するアプリを選択して移動する
  2. +マーク選択
  3. 「セットアップキーを入力」を選択
  4. アカウント入力:コインチェックの2段階認証とわかりやすいように
  5. キー入力:コインチェックアプリの「セットアップキー」コピーして貼り付け
  6. Authenticator」下に表示されていれば、2段階認証完了

特にアカウント入力は、一目見て分かるものにしましょう。

わかりづらくしてしまうと、登録する項目が増えてくると、いざという時に探しづらくなってしまいます。

本人確認完了のメールを待つ(登録完了)

登録メールアドレスに、「口座開設完了のお知らせ」が来れば、口座解説完了です。

お疲れ様でした!
早速取引していきましょう!

コインチェックの入金方法

次はコインチェックの入金方法に関して解説していきます。

コインチェックの入金方法には、3つの方法があります。

  • クイック入金
  • 銀行振込
  • コンビニ入金

それぞれ詳しく解説していきます。

クイック入金

クイック入金は、ペイジーを利用して、「インターネットバンキング」や「ATM」で日本円の入金を行う入金方法です。

振込手数料が高いというデメリットがありますが、入金する手軽さと、入金してから反映までの時間が短いのがメリットです。

すぐに入金したいという時もあるので、私は基本クイック入金を使っています。

クイック入金は以下の手順で行います。

  1. ウォレットに移動し、「入金」を選択
  2. 「クイック入金」を選択して進む
  3. 入金金額を入力して、お支払い情報へ進む
  4. 表示された情報を基に、振込手続きを行う

決済が完了すると、コインチェックのアカウントに入金金額が反映されます。

銀行振込

銀行振込は、「住信SBIネット銀行」「GMOあおぞらネット銀行」に振り込む入金方法です。

こちらもクイック入金と同様、24時間対応しているため、いつでも手続きすることができます。

銀行振込は以下の手順で行います。

  1. ウォレットに移動し、「入金」を選択
  2. 「振込銀行」を選択して進む
  3. 「振込銀行」の振込講座を確認
  4. 振込銀行のサイトで振込手続き

基本的な流れはクイック入金と同じです。

クイック入金との違いは、

  • 入金が反映されるのはクイック入金の方が早い
  • 振込手数料は銀行振込の方が安い

です。

自分にとって、やりやすい方を選ぶようにしましょう。

コンビニ入金

最後はコンビニ入金の手順に関して、解説していきます。

コンビニ入金は以下の手順で行います。

  1. ウォレットに移動し、「入金」を選択
  2. 「振込銀行」を選択して進む
  3. 入金するコンビニを選択
  4. 入金金額を入力して、お支払い情報発行を選択
  5. 発行バーコードをコンビニのレジに持っていき、入金手続きを実施

コンビニ入金は支払いは現金のみのため、レジに行く前に準備しておくようにしましょう。

コインチェックの取り扱い銘柄

コインチェックでも、全ての仮想通貨の取り扱いがあるわけではありません。

国内仮想通貨取引所ごとの取り扱い仮想通貨は、以下の表の通りです。

国内
仮想通貨取引所


コインチェック


GMOコイン


bitFlyer


bitbank


DMMコイン
取扱数17種類18種類15種類15種類19種類
取扱銘柄BTC
ETH
ETC
LSK
XRP
XEM
LTC
BCH
MONA
XLM
QTUM
BAT

IOST
ENJ
OMG
SAND
BTC
ETH
BCH
LTC
XRP
XEM
XLM
BAT
OMG
XTZ
QTUM
ENG
DOT
ATOM
MKR
DAI
ADA
LINK
BTC
XRP
ETH
XYM
LINK
DOT
XTZ
XLM
XEM
BAT
ETC
LTC
BCH
MONA
LSK
BTC
XRP
ETH
LTC
BCC
MONA
XLM
QTUM
BAT
OMG
XYM
LINK
MKR
BOBA
ENJ
BTC
ETH
XRP
TRX
LTC
BCH
XLM
ETC
OMG
ENJ
BAT
MONA
ADA
DOT
IOST
XTZ
XEM
QTUM
XYM
レバレッジ取引2倍2倍2倍2倍
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
*2022年7月1日時点

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、主要な仮想通貨はどの取引所でも取り扱いがあります。

しかしその他の仮想通貨になると、取引所ごとで取り扱いに違いがあるため、注意が必要です。

購入したい仮想通貨がある場合には、取引所の取り扱い状況を確認してから口座開設するようにしましょう。

コインチェックの手数料

コインチェックの取引手数料は無料ですが、そのほか入出金などには手数料が発生します。

ここではコインチェックの手数料に関して、解説していきます。

入出金手数料

コインチェック/手数料(2022年7月時点)」によると、コインチェックの入出金手数料は以下の通りです。

銀行振込無料(手数料は負担)
コンビニ入金3万円未満770円
3万円以上30万円未満1,018円
クイック入金3万円未満770円
3万円以上50万円未満1,018円
50万円以上入金金額×0.11%+495円
日本円出金407円
(引用:コインチェック/手数料)

上記の表のように、入金方法によって、手数料は違います。

事前に各手数料を確認して、手数料を含めた金額を用意するようにしましょう。

銀行振込以外は手数料がかかるため、できるだけ1回で多めに入金しておくことがおすすめです。

入金・送金手数料

コインチェックに限らず、仮想通貨取引所間で入金・送金を行う場合には、それぞれ手数料がかかります。

特にバイナンスやBibitなどの海外仮想通貨取引所では、直接入金ができません。

そのため、コインチェックなどの国内仮想通貨取引所から、仮想通貨を送金する必要があります。

コインチェックの手数料は以下の通りです。

項目入金手数料
通常無料
(引用:コインチェック/手数料)
項目送金手数料
BTC0.0005BTC
ETH0.005ETH
ETC0.01ETC
LSK0.1LSK
XRP0.15XRP
XEM0.5XEM
LTC0.001LTC
BCH0.001BCH
MONA0.001MONA
(引用:コインチェック/手数料)

上記のように、送金には手数料がかかります。

仮想通貨ごとで送金手数料が違うため、安く押さえたいのであれば、極力手数料がかからない仮想通貨にしてから送金するのがおすすめです。

コインチェックの活用方法をわかりやすく紹介

ここでは簡単にコインチェックの活用方法を紹介していきます。

  • 仮想通貨の購入
  • 海外仮想通貨取引所への送金
  • ウォレットへの送金
  • 仮想通貨チャートの確認
  • アフィリエイトの運用

それぞれわかりやすく解説していきます。

仮想通貨の購入

まずは仮想通貨の購入です。

2022年7月現在、コインチェックでは、17種類の仮想通貨を購入することができます。

コインチェックの仮想通貨購入方法は以下の手順で行います。

  1. 「販売所」を選択、購入する通貨をタッチ
  2. 通貨が合っているか確認し、「購入」を選択
  3. 購入金額を入力し、「日本円でBTCを購入」を選択
  4. 確認画面で「購入」を選択し、反映されていれば、完了

かなりシンプルに手続きできるので、資金がなくなったなどのリスクを最小限に抑えることができます。

海外仮想通貨取引所への送金

バイナンスやBibitなどの海外仮想通貨は、直接日本円を送ることができません。

コインチェックなどの国内仮想通貨取引所で、ビットコインなどの仮想通貨に変えてから、送金する必要があります。

コインチェックではこのような海外仮想通貨取引所への送金も行うことができます。

こちらでコインチェックからバイナンスへの送金方法に関して、解説しています。

ウォレットへの送金

パンケーキスワップなどのDefiやNFTを購入したい場合、METAMASKなどのウォレットを用意する必要があります。

コインチェックでは、ウォレットに仮想通貨を送金することができます。

仮想通貨チャートの確認

コインチェックでは仮想通貨チャートの確認をすることが可能です。

特にコインチェックアプリは非常にシンプルのため、初心者でもわかりやすく確認することができます。

コインチェックでは、1分から1日まで、幅広く確認することができます。

そのため、細かく確認したい人、1日に1回その日の動きを確認したい人、両方のニーズに応えることができます。

アフィリエイトの運用

コインチェックは、アフィリエイトの運用をすることができます。

コインチェックのリンクは、「

  • 草コインの取り扱いがない
  • 過去にハッキング事件があった
  • 送金に多少の時間がかかる
  • それぞれ詳しく解説していきます。

    草コインの取り扱いがない

    草コインとは、「知名度が低い」「時価総額が低い」といった特徴を持つ仮想通貨です。

    草コインは元々の価格が低いため、価格が10倍100倍と大きな利益を得られる可能性があります。

    しかしその一方、暴落してしまうリスクも大きいです。

    そのような草コインがコインチェックにはありません。

    そのため、草コインを購入したい人は、バイナンスやMEXCなどの取引所に仮想通貨を送金する必要があります。

    過去にハッキング事件があった

    コインチェックは、過去にハッキング事件により、仮想通貨の大暴落を引き起こしています。

    じゃあまたハッキング事件が起きる可能性があるんじゃないの?

    このように思うかもしれませんが、現在は以下の対応でセキュリティ強化を進めています。

    • ガバナンス・コンプライアンス体制の強化
    • コールドウォレット・2段階認証の設置
    • 顧客資産分別管理の実施
    • 財務情報の開示
    • 国による仮想通貨業界への安全性確保

    もちろんハッキングのリスクがゼロになるわけではありません。

    しかし、以前よりもセキュリティが強化されているため、安全性は高まっていると言えます。

    送金に多少の時間がかかる

    他の仮想通貨取引所にも言えることですが、送金に多少の時間がかかります。

    特に海外仮想通貨取引所から送金する場合は、30分ほどかかると考えた方が良いです。

    例えば、狙っている仮想通貨が14時に、バイナンスへ上場すると予告が出たとします。

    その際コインチェックからバイナンスへの送金を、13時55分に行おうとすると、14時に間に合わない可能性が高いです。

    そうすると、14時に間に合えば、大きな利益を得られたのに、送金が遅れたことで、機会ロスを起こしてしまうことになります。

    そのようなことにならないように、海外仮想通貨取引所への送金は、余裕を持って行うことが重要です。

    海外取引所への仮想通貨送金方法

    さっきから海外の仮想通貨への送金て、具体的にどうやれば良いの?

    このように思った人も多いかと思います。

    海外仮想通貨取引所への仮想通貨の送金は、少し難しいですが、わかりやすく解説していきます。

    以下の手順で行なってください。

    1. ウォレットを選択、送金する通貨をタッチ
    2. 「送金」を選択
    3. 送金先を入力(アドレス・送金先サービス名・受取人種別)
    4. 送金額を入力し、「BTCを送金」を選択

    ・送金先名は、後で確認した時わかりやすいものを入力(例:バイナンス)
    ・送金先アドレス:送金先の取引所からアドレスをコピーする

    最初は難しくて悩みますが、3回くらいやれば慣れてきて苦にならなくなります。

    仮想通貨の売却方法

    仮想通貨で利益が出てもどうやって売却すれば良いのかわからないよ。

    このように思う人も多いのではないでしょうか。

    ここでは仮想通貨の売却方法を解説していきます。

    コインチェックでは仮想通貨を簡単に売却できます。

    売却方法は以下の手順で行います。

    1. 「販売所」を選択、売却する通貨をタッチ
    2. 通貨が合っているか確認し、「売却」を選択
    3. 売却金額を入力し、「BTCを日本円で売却」を選択

    まとめ

    コインチェックは、「アプリの見やすさ」「取引手数料が無料」といった理由から、初心者にはおすすめの仮想通貨取引所です。

    コインチェックの口座開設は簡単で、早ければ10分ほどで開設することができます。

    メリットが多くある一方で、コインチェックには、「草コインの取り扱いがない」「送金への反映時間が長い」といった注意点もあります。

    本記事を参考に、コインチェックの口座開設・悩みの解決に繋げてもらえたら幸いです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次