【初心者】副業でwebライターは稼げない?始め方と稼ぐためのポイントを解説

webライターの副業気になるけれど、本当に稼げるのかな。
始める前に稼ぐためのポイントを知りたいな。

このような悩みを解決していきます。

これから副業で、Webライターを始めてみようとお考えですか?

現在、多くの副業の中でもWebライターは難易度が低く、参入がしやすい仕事といわれています。

ただし、これまで一度もWebライターの経験がない人からしたら、どうやれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

私も最初不安すぎて、半年以上始めるのに躊躇していました。

本記事では、WEBライターの副業に関する始め方、稼ぐためのポイントを紹介していきます。

私自身、副業WEBライターとして、1年間活動しており、ランサーズで「認定ランサー」をいただいております。

そのため、少しは参考になる部分があるかと思います。

目次

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容とは一体どんなものでしょうか?

一般的なイメージとして、Webライターはパソコンを使って文章を作成し、できあがった文章をサイトに投稿するような仕事と思われています。

こちらでは打合せ・リサーチ・構成案の作成など、Webライターの基本的な仕事内容についてご紹介します。

打合せ

1つ目が「打ち合わせ」です。

打ち合わせとは、クライアントとWebライターが文章のテーマ・キーワード・方向性・目的について話し合いをすることです。

打合せが上手くできていないと、クライアントが望むような文章を書くことができません。

そのため打合せは初期段階で最も大事な仕事です。

クライアントとは、Webライターに文章作成を依頼してくれる人のことです。

リサーチ

2つ目が「リサーチ」です。

リサーチとは、文章のテーマ・キーワードの調査と材料の収集です

文章の方向性に合う材料がたくさん集まることで、読者が知りたい文章にまとめることができます。

一般的にリサーチはネット・書籍・新聞・雑誌などのあらゆるメディアから情報を収集します。

構成案の作成

3つ目が「構成案の作成」です。

構成案の作成とは、リサーチで集めた材料を元に、文章の骨組みを作ることです。

この段階で作成するのは以下の項目です。

  • 仮タイトル
  • 仮見出し
  • 各見出しの簡単な説明文

この段階では仮タイトル・仮見出し・各見出しの簡単な説明文を作成します。

おおよその文章の骨組みがクライアントに理解してもらえればOKです。

構成案の確認

4つ目が「構成案の確認」です。

構成案の確認とは、構成案をクライアントに確認してもらうことです。

具体的には、構成案がクライアントの望む文章の骨組みになっているのかを、検査してもらうことになります。

クライアントのイメージと違っていれば、変更点を指摘してもらいます。

その後変更した構成案に問題がなければ、いよいよ文章の執筆に入ります。

文章の執筆

5つ目が「文章の執筆」です。

文章の執筆とは、構成案を元に実際にパソコン上で文章を執筆することです。

リサーチと構成案の確認が終わっているので、意外に文章の執筆はスイスイ進みます。

クライアントへの納品

6つ目が「クライアントへの納品」です。

クライアントへの納品とは、完成した文章をクライアントに送信し、確認してもらうことです。

早ければ当日中には合否が判定されます。

もし修正点があれば、修正して再度納品します。

その後、クライアントからOKがでれば納品完了、契約料金をいただくことができます。

Webライターのメリットとは?

こちらではWebライターの3つのメリットについてご紹介します。

  • 参入しやすい
  • 文章を書くことが上手くなる
  • 執筆分野に詳しくなる

以降、詳しく解説していきます。

参入がしやすい

1つ目のメリットが「参入がしやすいこと」です。

Webライターをやる上で最低限必要なことは、以下の4点です。

  • 日本語での読み書き
  • パソコン・ネット環境
  • コミュニケーション能力
  • 納期を守る気持ち

学歴、職歴、資格、資本金、会社への所属は、一切必要ありません。

このようにWebライターはあらゆる副業の中でも参入障壁が低く、やる気さえあればだれでも気軽に参入することができます。

文章を書くことが上手くなる

2つ目のメリットは、「文章を書くことが上手くなること」です。

普通の生活をしていると、まとまった文章を書く機会はほとんどありません。

WEBライターをやると、文章を書く機会が増えます。

継続して案件をいただくためには、相手に伝わりやすい文章を書けるようになる必要があります。

そのため、やっているうちに文章を書くことが上手くなってきます。

Webライターはレポートや論文を書く機会がある学生にもおすすめの副業です。

執筆分野に詳しくなる

3つ目のメリットが、「執筆分野に詳しくなること」です。

文章をわかりやすく伝えるためには、自分自身もその分野に詳しくならなくてはいけません。

そのため、Webライターは特定の執筆分野に詳しくなる必要があります。

読者にわかるように伝えたり、教えたりする文章を書けると、執筆分野に詳しくなることができます。

もし、これから資格を取る予定があれば、副業でWebライターになることをおすすめします。

資格勉強も副業でお金も稼げて一石二鳥です。

Webライターのデメリットとは?

こちらではWebライターの3つのデメリットについてご紹介します。

  • 売れる文章を書くことは簡単ではない
  • クライアントとのやりとりが大変
  • 知らない分野の仕事がほとんど

以降、詳しく解説していきます。

売れる文章を書くことは簡単ではない

1つ目のデメリットは、「売れる文章を書くことは簡単ではないこと」です。

一般的に日本語での読み書きは、中学を卒業していればほとんどの人はできます。

ところが売れる文章を書くとなると、そう簡単ではありません

実はWebライターになるための最初の関門が、売れる文章を書けることです。

売れる文章の定義はいろいろあります。

一般的には、優れた文章を書くことといわれていますがそうではありません。

売れる文章とは、クライアントから継続案件をもらえる文章のことになります。

売れる文章とはを考えるには、数冊セールスライティングの本を読んで勉強すると良いです。

クライアントとのやり取りが大変

2つ目のデメリットが「クライアントとのやり取りが大変なこと」です。

Webライターは、クライアントが依頼した文章に対して何を求めているのか、把握した上で執筆を行う必要があります。

しかし、全てのクライアントが事細かく、依頼内容を伝えてくれるとは限りません。

ターゲット、文章構成等しっかり確認をしつつ、お互いの認識の擦り合わせができてから、執筆に移るようにしましょう。

そのためWebライターは論理的思考を持ち、常に冷静なやり取りを心がける必要があります。

ところがそれでは、Webライターには伝わりません。

こじれてくると、何度もやり取りすることになり、非常に大変です。

最悪の場合、お互いケンカ腰で言い合いになり、険悪な雰囲気になることもあります。

そのためWebライターは論理的思考を持ち、常に冷静なやり取りを心がける必要があります。

<h3>知らない分野の依頼がほとんど</h3>

3つ目のデメリットは「知らない分野の依頼がほとんどなこと」です。

驚かれるかもしれませんが、Webライターの仕事の大半は知らない分野の依頼がほとんどです。

むしろ詳しい分野の方が少ない傾向にあります。

極端にいうと、それまでコンビニ店員しか職歴がない人に、いきなり「銀行融資のメカニズムについて詳しく説明する文章」を書いて欲しいという依頼がくるようなイメージです。

このようにWebライターには、全然知らない分野の依頼が来ることがあるので非常に大変な仕事です。

Webライターの仕事の取り方とは?

Webライターを始めようと思ってもどうやって仕事を取れば良いんですか?

一番悩むところではないでしょうか。

こちらではWebライターの仕事の取り方についてご紹介します。

  • クラウドソーシングへの登録
  • Web制作会社への営業
  • 自身のSNS・ブログでの発信

以降、詳しく解説していきます。

クラウドソーシングへの登録

1つ目が「クラウドソーシングへの登録」です。

クラウドソーシングをおすすめする理由は、以下の3点です。

  • 仮払いの仕組みがあるため、不払いのリスクがない
  • 案件が多くあるため、選ぶ幅が広い
  • クラウドソーシングが仕事を取るためのサポートをしてくれる

もしこれからWebライターを始めるのであれば、クラウドソーシングへの登録をおすすめします。

特にランサーズであれば、案件の探しやすさ・案件の質の良さから初心者には取り組みやすいです。

私も最初はランサーズでしばらく取り組んでいました。

「クラウドソーシングは稼げない」

このように言われますが、しっかり取り組んでいれば、月10万円は安定して稼ぐことが可能です。

クラウドソーシングを使いこなせるようになれば、他の方法での仕事の取り方への移行も簡単に行えるようになります。

Web制作会社への営業

2つ目が「Web制作会社への営業」です。

一見、Web制作会社への営業というとハードルが高そうに感じるかもしれません。

ところが意外に簡単に仕事を取ることができます。

その理由はWeb制作会社は万年Webライター不足の状態が続いているからです。

そのため常にWebライター募集をやっています。

Webライター募集 Web制作会社」で検索するとたくさんヒットします。

もしこれからWebライターを始めるのであれば、ぜひWeb制作会社への営業をされることをおすすめします。

自身のSNS・ブログでの発信

3つ目が「自身のSNS・ブログでの発信」です。

こちらも意外に効果的です。

実はネット上でWebライターを探しているクライアントは多く、彼らは普段から多くのSNS・ブログを閲覧して、Webライターをさがしています。

SNS・ブログのプロフィールに「Webライターできます!」と記載しておきましょう。

またSNSでのコメントやブログでの投稿には、Webライターでの仕事の話を載せて発信しましょう。

そうすることで、思わぬところから声がかかります。

その他にも、同じWebライターからの依頼、Webメディアからの依頼、企業からの依頼など様々あります。

もしこれからWebライターを始めるのであれば、自身のSNS・ブログで発信することで見つけてもらえ、集客につながります。

私も実際に数件、SNSやブログから仕事につながっています。

Webライターで副業にチャレンジ

Webライターは売れる文章さえ書ければ、どこでも仕事をすることができ、何歳になっても仕事がなくならず、どんな企業からでも仕事を獲得することができます。

あらゆる企業があなたのクライアントになり、あなたの生活を守ってくれます。

副業との相性が良く、本業の片手間でも十分収益をあげることができます。

もし、一歩踏み出す勇気がなければ、1本でも良いのでお仕事にチャレンジしてみましょう。

意外に簡単にできますよ。

まとめ

今回は Webライターでの副業 についてご紹介しました。

Webライターは参入障壁が低く、だれでもなりやすいお仕事です。

また技術をあげればコピーライター、セールスライターなどの高単価を獲得できる仕事にもつくことできます。

将来的な選択肢が広いのもWebライターの大きなメリットです。

もしこれから副業を始めるのであればWebライターは特におすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次